【ローズWAM20周年記念講演会】講師・瀬地山角さんによる質問回答

DSC_4620 - コピー

3月7日に実施されたローズWAM20周年記念オンライン講演会「男の家事が社会を救う!~笑って考えよう!家庭のこと、仕事のこと、未来のこと~」の受講者からの質問に、講師の瀬地山角さんが回答してくださいました。
ここに全文を掲載します。


 

茨木市のみなさんのご質問にお答えします

オンラインでの講演はみなさんの反応がわからず、かなり不安だったのですが、「笑いながら聞けた」という感想が多くあったので、少し安心しました。やっぱり無観客の漫才はしんどいですが(苦笑)。みなさんからお寄せいただいた質問にお答えします。

■1.高校生対象にジェンダーについての人権行事等で講演をしていただくことは可能ですか
全国の高校で行っています。東大に何十人も来る学校から、大学に行かない生徒さんの方が多い学校まで、40カ所くらい行っているはずです。また昨秋以降の入試では短大から大学院までさまざまな大学の入試問題に拙著『炎上CMでよみとくジェンダー論』が使われています。高校生が読んでわかる本だと判断された結果だと思っています。「瀬地山研究室」で検索の上、「講演等ご依頼の方へ」にお進みください。

■2.国会議員や会社などの女性の活躍の場を広げるにはどうすれば?
問題が大きすぎて簡単には答えられません。性差別をなくすには?と同義の質問になるので。「おじ(い)さんばっかりの政党に投票しない」とか、女性が出世できるように、教育投資を惜しまず、学歴をつけるとか、いろんなアプローチがあるはずです。

■3.子育てに関わろうとした一番の理由は?
■4.子育てで男にでけへんことはないという意識をもったきっかけ

私はもともと社会運動を続けたいと思って大学院に進みました。ジェンダーや環境問題のように現実の社会を変えていく作業に、学問の立場から関わりたいと思ったのです。その場合家事や育児をしないジェンダー論の研究者なんて、自分のゴミの分別もしない環境問題の専門家と同じくらい無意味です。私にとってはむしろ順序が逆で家事・育児にきちんと関与した上で、研究に関わりたいと思っています。

■5.異質平等論について教えて
「男と女は違うけど平等」は一見もっともに見えますが、多くの場合これは役割の固定を伴う議論で、「男は外、女は内」といった考えを支持することになります。固定的性役割分業を肯定することになるので、性別からの自由に反すると考えています。

■6.ジャンボ宝くじのくだりが理解できませんでした
説明不足で申し訳ありません。ただもう一度表を作らなければ説明をできないので、申し訳ありませんが、拙著『炎上CMでよみとくジェンダー論』の71~75ページをご参照ください。古本もあるはずです。
※ローズWAMで閲覧・貸し出しをしております。

■7.ママ友と違い、パパ友ができないのはなぜか?
私はかなりパパ友がいました。私の保育所では「お母さん会」の夜は、お父さんが子連れでどこかの家に集まって子どもの面倒を見、「お父さん会」の夜は逆にお母さんがまとめて子どもの面倒を見るようにしていました。「お母さん会」「お父さん会」の企画できないですか?全員じゃなくてもいいので。

■8.「男女でともに働き、家事を共有する」というように、あと一歩男性の意識を変えるには?
こちらも2と同様、問題が大きくてすぐに答えのあるような問題ではありませんし、置かれている家庭の状況によって、答えが変わると思います。ただ直截の相手であれば、不満をちゃんと伝えているのでしょうか?「角を立てずに意識だけ変わってもらいたい」というのは無理があるように思います。軋轢は覚悟の上で、きちんと意思を伝え、議論をしてほしいと思います。

■9.昨今話題となっているコンビニの総菜シリーズ「お母さん食堂」については、どうお考えですか?
論外です。「おふくろの味」といいたかったのでしょうが、ジェンダー論の観点からは当然批判の対象となります。

瀬地山角さん プロフィール
東京大学大学院総合文化研究科 教授
1963年生まれ 奈良県出身 1986年3月 東京大学教養学部卒
東京大学大学院総合文化研究科博士課程修了・学術博士
2009年より現職
主な著書に「お笑いジェンダー論」「東アジアの家父長制」
10年間2人の子供の保育園の送迎を一手に担い、今でも毎日の夕食作りを
担当するジェンダー論の研究者。子連れで渡米し、父子家庭も経験した。
抱腹絶倒の講演で日本全国を行脚中。


   茨木市立男女共生センターローズWAM
      〒567-0882 茨木市元町4番7号
      TEL 072-620-9920 / FAX 072-620-9921

  【開所時間】 9:00~22:00  【利用申込受付時間】 9:00~18:30  【休所日】 毎週火曜日 / 年末年始(12月28日~1月4日)